モビット口コミ

モビットの返済方式と返済方法

ポイント

 

消費者金融を利用する前には、必ず「返済方式」と「返済方法」の2点を確認しておくようにしましょう。

 

「返済方式」とは毎月の返済額がどのように決定されるのかということです。同じ金利で同じ借入金額でも、返済方法の違いで毎月の返済額が異なることもあります。

 

「返済方法」とは毎月の返済をどのように行うのかということです。自分にあった返済方法を選択しないと、余計な手間や費用負担が発生することもあります。

 

借入前にはどうしても「借りなければいけない」という気持ちが強く、返済についてあまり考えられないかもしれません。しかし実際に返済する際に「こんなはずではなかった」ということのないよう、返済計画と合わせて十分考慮して利用するようにしましょう。

 

モビットの返済方式

モビットの返済方式は、「借入後残高スライド元利定額返済方式」です。残高スライド方式は、現在の消費者金融の返済方式の中でも主流になっています。毎月の返済額が最終借入後の残高に応じて段階的にスライドしていき、自動的に決定されます。毎月の返済金額自体を最小限に抑えることが可能です。

 

ただしその分借入金額が高額になるに従って、返済期間が長期化することになります。返済期間の長期化に伴い、利息支払負担が増えることになりますので注意しましょう。絶対に必要以上の借入は控えるとともに、繰上返済などを活用しできるだけ早期に返済していくことが大切です。

 

最終借入後残高と毎月の返済額は以下の通りです。

 

10万円以下 4,000円
10万円超20万円以下 8,000円
20万円超30万円以下 11,000円
30万円超40万円以下 11,000円
40万円超50万円以下 13,000円
50万円超60万円以下 16,000円
60万円超70万円以下 18,000円
70万円超80万円以下 21,000円
80万円超90万円以下 24,000円
90万円超100万円以下 26,000円
100万円超

最終借入後残高が20万円増すごとに

返済額が4,000円追加

 

モビットの返済方法

モビットの返済方法は、次の3通りが準備されています。

 

口座振替

三井住友銀行、もしくは三菱東京UFJ銀行の口座に限られますが、毎月の返済日に自動的に引落されます。費用負担もありませんので、おすすめの返済方法です。

 

モビットの利用を検討されている方は、できれば事前にどちらかの銀行で口座開設を行っておくとよいでしょう。口座残高管理をしっかり行い、くれぐれも残高不足にならないよう注意しておきましょう。

 

口座振込

モビットが指定した金融機関口座に返済金を振込します。取扱銀行にもよりますが、600円~800円程度の振込手数料を負担しなければいけません。手数料が安いと人気のあるネット銀行でも300円程度の費用負担が発生しますので注意しましょう。

 

提携ATMからの入金

全国各地の銀行やコンビニなどのATMでカードを使用して返済します。取引金額1万円以下の場合には108円、1万円超の場合には216円の手数料を支払う必要があります。1回の費用負担は少額でも、利用回数によっては負担が高額になりますので注意しておきましょう。

 

提携先は豊富ですが、ATMの稼働時間帯は異なりますので、事前に確認しておくようにしましょう。主な提携先は以下の通りです。

 

  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • プロミスATM
  • セゾンカード
  • ローソンATM
  • E-net
  • その他全国の地方銀行・信用金庫