モビット口コミ

モビットの金利について考えてよう

金融機関の借入を利用する場合、一番気になるのが「金利」の問題でしょう。カードローンやキャッシングの金利は、個人ローンの中でも高めに設定される傾向があります。そのため各社の金利をよく比較しておくことも大切です。

 

カードローンやキャッシングの金利は「実質年利」が用いられています。

 

「実質年利」とは借入に際し、利息負担を含めたすべての負担が1年間で何%になるのかを示しています。

 

その他の個人ローンで発生する「保証料」「手数料」といった負担割合がすべて含まれていることになりますので、利用者にとっては負担割合が分かりやすいものになっています。ただし提携先ATMの利用手数料などは別途発生しますので注意しましょう。

 

また「実質年利」ではなく単に「年利」とだけ表記されている金融業者にも注意が必要です。一見低金利に思えても、いざ契約の際に様々な費用負担を強いることもあります。「実質年利」を用いることは法律上でも定められている事項です。つまり「年利」とだけ表記している金融業者は、違法業者である可能性が高い先なのです。

 

モビットの金利

モビットの金利は「実質年利3.0%~18.0%です。以前は「実質年利4.8%~18.0%」でしたので最下限金利が引き下げられたことになります。最下限金利「3.0%」は銀行カードローンに匹敵する低さで、非常に魅力的です。一方最上限金利「18.0%」は消費者金融の標準的な金利となっています。

 

初回利用時には、ほとんどの場合最上限金利に近い金利での契約となります。ある程度利用実績を積んでいくことで、信用力がアップし借入限度額の増額に合わせて適用金利が引き下げられることになりますので、返済計画の立案などは「18.0%」の金利で計算するようにしましょう。

 

ちなみにモビットの遅延損害金(延滞利率)は「20.0%」です。法律で定めることのできる最上限金利であり、日割り計算で延滞利息が発生します。返済が遅れることで様々な支障も生じますので、きちんとした返済計画の元、遅れることの無いようにしっかり返済していきましょう。

 

他社との比較モビット

銀行
住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース)

実質年利1.89%~7.99%

みずほ銀行カードローン

実質年利3.5%~14.0%

三菱東京UFJ銀行カードローン

実質年利1.8%~14.6%

 

 

消費者金融
オリックスVIPローンカード

実質年利3.0%~16.8%

プロミス

実質年利4.5%~17.8%

アコム

実質年利3.0%~18.0%

 

 

ヒント

一般的に「銀行カードローンは金利が低い」「消費者金融は金利が高い」といわれています。モビットの金利「実質年利3.0%~18.0%」と比較してみると、やはり銀行カードローンに比較して、最下限金利、最上限金利ともに高めであることがわかります。

 

消費者金融の中では標準的な金利水準ですが、やはり金利面では銀行カードローンは一日の長があるようです。