モビット口コミ

キャッシングとは?

キャッシングとは

「急な出費にはキャッシング!!」このような文言が入った広告を街頭チラシやインターネット掲載の広告に見つけることができます。

 

そもそもキャッシングとはどのようなものなのか、正確に説明できるでしょうか。

 

キャッシングとは?

キャッシングとは個人向けの小口融資を指します。

 

そもそも「現金に換える」という意味からきた言葉で、金融機関が提供する小口融資を指しています。

 

キャッシングを申込んで、審査に合格すると借入専用のカードが発行されます。そのカードをATMやCDに投入して現金を引き出すことで借入が成立します。

 

ATMとは「現金自動受払機」のことで、現金の入金・出金の両方を取り扱うことができます。

 

一方CDとは「現金自動支払機」のことで、現金の出金は可能ですが入金はできません。キャッシングでは借りたお金の返済もカードを使用することができますが、この場合ATMでは返済できても、CDでは返済できないということになります。

 

最近では指定した金融機関の預金口座に借入金を振り込むサービスが付与したキャッシングも登場しています。インターネットや電話から手続きを行うと、早ければ瞬時で振込が完了しますので非常に便利です。

 

振込手数料は通常発生しませんので、気軽に利用でき、急な口座残高不足でも安心して利用できます。中には「カードレス」タイプのキャッシングも登場しており、様々なサービスが開発されています。

 

キャッシングには借入可能な「借入限度額」が設定されます。審査により決定された借入限度額の範囲内であれば、基本的に何度でも融資を受けることができます。一度借入限度額いっぱいまで利用した場合でも、返済により借入限度額に空き枠が生じれば、その空き枠を利用して何度でも追加融資を受けることができます。

 

キャッシングとカードローンの違い

カードを使用して融資を受ける個人ローンには「カードローン」があります。そもそも「キャッシング」と「カードローン」は異なる性質を持つ金融商品です。

 

「キャッシング」は一括返済が基本

借りたお金は、翌月の返済日にそれまでの利息を合わせて一括で返済します。借入金額は数十万万円単位の小口が中心です。

 

「カードローン」は分割返済が基本

借りたお金は、毎月の返済日(約定日)にそれまでの利息を計算して分割で返済します。借入金額は数十万円から多い先で数千万円単位の商品もあります。

 

ところが最近の金融業界ではこの違いが非常にあいまいになっています。

 

「キャッシング」と名のつく商品でも分割返済を行うようになっています。利用する側としては、名称の違いにとらわれることなく、商品の特質をよく理解して利用するようにしましょう。