モビット口コミ

モビットのメリットとデメリットを比較してみよう

メリットとデメリット

金融機関の取扱商品には、必ずメリットとデメリットがあります。商品やサービス内容をよく把握して、メリットとデメリットを比較しておく必要があります。そのうえで自分の状況に応じた最適な先を選択することが重要です。

 

商品やサービスの広告などには、通常メリットが大々的に宣伝されています。しかし自らデメリットをきちんと説明している広告はほとんどありません。そのためにもメリットとデメリットの内容をよく確認して利用することが求められます。

 

モビットのメリット

 

来店不要・電話連絡無し・郵送物なしの「WEB完結申込」

消費者金融の利用を考える方で、次のような悩みを持たれる方も多いのではないでしょうか。

 

  • 「自宅に郵送物が送付され家族に不審に思われるのが怖い」
  • 「勤務先に電話が入って消費者金融の利用がばれたらどうしよう」

 

このような不安に対してモビットでは「電話連絡なし」「郵送物なし」の「WEB完結申込」を利用することができます。その名の通り、すべての手続をインターネットで行いますので、当然無人契約機などに足を運ぶ必要もありません

 

  1. 三井住友銀行、もしくは三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を持っている
  2. 社会保険証もしくは組合保険証を持っている

 

以上の条件を満たしている場合「WEB完結申込」が利用できますので活用しましょう。

 

素早い審査スピード

モビットは業界でも最短の審査スピードを誇ります。口コミ情報などでもすぐに借りることができたと評判です。

 

まずホームページから「10秒簡易審査」を利用してみましょう。氏名・生年月日・自宅・勤務先情報・借入希望額などを入力することで瞬時に融資可否と利用限度額が表示されます。

 

ただし、このサービスはいわゆる借入可能かどうか診断するものではなく、本審査の前の事前審査にあたりますので、入力間違いのないように注意しておきましょう。

 

本審査の場合でも、審査完了時間は最短で30分程度です。申込時間帯を間違えなければ十分「即日融資」が可能ですので、急ぎの出費には本当に助かります。なお、急いでいる場合にはホームページ上で申込を完了させ、コールセンターに「急いでいる」と電話で伝えることで、条件次第で早めに審査をしてもらえるケースも多くあるようです。

 

モビットのデメリット

①有人店舗が無い

モビットには「有人店舗」や「自社ATM」がありません。そのため申込の際に担当者と顔を合わせて手続きを行うというわけにはいきません。ただし利用に対する疑問や悩みはコールセンターで対応できますので、不安を感じる必要はありません。

 

提携先ATM数も豊富ですので、借入や返済に対して不便さを感じることもあまり無いのではないでしょうか。ただし提携ATM利用には所定の手数料が発生しますので注意しましょう。

 

②無利息期間が無い

消費者金融のサービスの中で最近話題になっているのが「無利息サービス」です。大手先を中心として「初回30日間無利息」「毎月1回1週間無利息」といったサービスが人気を集めています。

 

しかし残念ながらモビットには、現状無利息サービスはありません。この点は残念なデメリットといえるでしょう。

 

③総量規制の対象

三井住友銀行系列のモビットですが、あくまで消費者金融には違いありません。そのため貸金業法の「総量規制」の対象となり、他社を含めた借入総額が年収の3分の1を超えることができません。

 

最高800万円までの高額限度額は魅力ですが、仮に800万円利用を希望した場合、年収はその3倍の2,400万円必要となります。一般の方でこれだけの年収を確保できる方は、それほどおられないでしょう。