モビット口コミ

消費者金融とは?

街中には大小様々な消費者金融の店舗や無人契約機を見つけることができます。テレビCMで大々的に宣伝されている有名な会社や、あまり聞くことの無い小規模の会社まで様々な先があります。

 

ちょっとしたお金の不足、急な出費などには消費者金融による借入が便利だといわれていますが、そもそも消費者金融とは何なのでしょうか?

 

消費者金融とは?

消費者金融とは

消費者金融とは金融のサービスを提供する会社のことです。「カードローン」「キャッシング」「おまとめローン」といった個人ローンを提供している金融会社のことを指します。

 

中には事業性ローンを手掛けている先もありますが、主力商品は個人向けローンとなっています。

 

個人向けのカードローンやキャッシングは、主に「無担保・無保証」という形の取扱となっています。借入の際に担保を提供したり保証人を準備する必要はありません。そのため非常に手軽に、また非常に素早い借入が可能になっています。

 

銀行との違い

カードローンといった個人ローンは、身近な金融機関である「銀行」でも商品化されています。

 

消費者金融と銀行の違いとはどのような点なのでしょうか。

 

審査時間

銀行カードローンは一般的に申込から借入までの時間がやや必要といわれています。数日から長い先で1週間以上必要となることもありますので、急な出費には間に合わないかもしれません。

 

一方消費者金融では、非常に素早い借入が可能となっています。ほとんどの先が「即日融資」に対応しており、文字通り申込を行ったその日に借入を利用することも可能です。

 

最近では「即日融資」に対応した銀行カードローンも登場していますが、スピード面では全体的にみて消費者金融が優れているといえるでしょう。

 

審査基準

一般的に「銀行カードローンは審査基準が厳しい」「消費者金融は審査基準が緩やか」といわれています。審査の合否は金融機関や申込者の状況により異なりますので一概には比較できません。

 

ただし「銀行カードローンでは落ちたが、消費者金融で合格できた」という声がよく聞かれることより、やはり消費者金融が審査は通りやすいといえるのではないでしょうか。

 

銀行は顧客から「預金」を預り、その資金を「貸金」として運用しています。顧客の大切なお金を預っている以上、審査基準を厳しくして貸倒リスクをできるだけ抑える必要があります。

 

一方消費者金融では、このような事情はありませんので自社の判断のみで利用者を選別することができます。この点が審査基準の違いに現れてくるのでしょう。

 

金利

カードローンの金利は審査基準に大きく影響しています。審査基準が厳しいほど金利が低く、審査基準が緩やかなほど金利が高くなります。この点から消費者金融の金利は銀行カードローンに比較すると高い傾向となります。

 

キャッシングやカードローンの金利は「適用金利○○%~△△%」というように「最上限金利」と「最下限金利」が設けられています。消費者金融と銀行カードローンの金利を比較すると、最下限金利、最上限金利ともに全体的に数%の差があるといわれています。

 

借入金額が少額であればそれほどの負担とはなりませんが、借入金額が高額になるほど金利の差が大きく影響してくるでしょう。

 

無利息サービス

ただし消費者金融の中には「無利息サービス」を設けている先も多くあります。文字通り、お金を借りるのに「無利息=金利0」で利用できるサービスですので、これほどありがたいサービスは無いでしょう。

 

ほとんどの先が「初回利用者限定」となっていますが、短期間で返済できる見通しがある場合には、利用を検討してもよいのではないでしょうか。

 

消費者金融=サラ金?

サラ金

消費者金融はときとして「サラ金」と呼ばれることがあります。

 

消費者金融が日本に登場した頃は、利用者が男性サラリーマンであったことから「サラリーマン金融=サラ金」として呼ばれるようになりました。

 

サラ金と聞くと、多くの方がマイナスのイメージを持たれるでしょう。

 

  • 強引な勧誘
  • 高い金利
  • 怖い取立
  • サラ金地獄

 

このような悪いイメージが「サラ金」という名称に感じられます。確かにこれまでの金融業者の中には、法律を度外視した営業を行っている先も多くありました。しかし最近では法律の整備や規制の強化により、このような悪徳業者も数を減らしています。

 

消費者金融業界では、「サラ金」という悪いイメージを払しょくするべくクリーンな営業を行っています。そのため現在の消費者金融は、利用者にとっても使いやすい安心できるものになっています。

 

ただしいつの時代にも悪徳業者が根絶することができません。数を減らしているとはいえ、まだまだ規制の網をかいくぐって、利用者の「借りたい」という心理に漬け込む悪徳業者は存在しています。消費者金融を利用する場合には、よく名の知られた大手先を選択するようにしましょう。